このブラウザはサポートされていません。

Mark Mothersbaugh

Mark Mothersbaugh

ローリング・ストーンズの「サティスファクション」をテクノにアレンジしたディーヴォのキーボード奏者。1972年の結成から参加しているオリジナル・メンバー。映画やテレビの音楽も数多く手がけ、担当した作品には『ロード・オブ・ドッグタウン』『ギプスの女』『隣のリッチマン』などがある。

関連アーティスト