このブラウザはサポートされていません。

レ・ヴァン・フランセ

レ・ヴァン・フランセ

超一流ソリストたちによる室内楽アンサンブル。ポール・メイエ(cl)、エマニュエル・パユ(fl)、フランソワ・ルルー(ob)、ジルベール・オダン(fg)、ラドヴァン・ヴラトコヴィチ(hr)、エリック・ル・サージュ(p)の国際的に活躍する名うて6名が、サロン・ド・プロヴァンス国際室内楽音楽祭を機に結成。木管五重奏にピアノが入る特殊な編成で、フランスの伝統を重んじながら、特性の異なる楽器とさまざまな組み合わせで合奏するのが特色。予想を超える演奏で聴衆に衝撃を与えた2002年3月の初来日以来、定期的に来日。2014年に『管楽器とピアノ~レ・ヴァン・フランセの真髄』をリリース。

関連アーティスト