このブラウザはサポートされていません。

生田敬太郎

生田敬太郎

1971年に“生田敬太郎とマックス”名義でアルバム『この暗い時期にも』でデビュー。そのソウル・フィーリング溢れる歌唱は“池袋のウィルソン・ピケット”とも呼ばれた。74年に細野晴臣や林立夫などを迎えたアルバム『風の架け橋』は70年代を代表する傑作レア・グルーヴ作品として知られている。一時期は活動を休止していたが、90年代後半から本格的に活動を再開し、2000年には生田敬太郎&斎藤哲夫名義でアルバム『生田敬太郎&斎藤哲夫』をリリースした。

関連アーティスト