このブラウザはサポートされていません。

ガロ

ガロ

1970年に堀内護、日高富明、大野真澄の3人によって結成。アコースティックながらフォークとは微妙に異なるサウンド、圧倒的なハーモニーで“日本のCS&N”と呼ばれ、かまやつひろしのバックなどを務めたあと、71年「たんぽぽ」でデビュー。73年発表の「学生街の喫茶店」が社会現象ともいえる特大ヒットとなり叙情派フォークを茶の間に印象づける。以後も「君の誕生日」「ロマンス」などのヒットを飛ばすも75年の年末に解散。

関連アーティスト