このブラウザはサポートされていません。

コブラ・スターシップ

コブラ・スターシップ

ゲイブ・サポータは砂漠で、自身の存在について瞑想していた。その時、コブラが彼の首に噛み付いたのである。誰もがこう思うだろう:「あぁ、コブラに首を噛まれちゃ死んでしまう」と。しかし、こんな事が起きたのである。噛まれたその瞬間、砂漠でゲイブは痛みの刺す首を手で強く押さえながら、ダンスフロアーの上でその蛇に教えを受けている幻想を見るのである。それこそが、コブラ・スターシップの始まりである。
コブラ・スターシップのファースト・アルバム『コブラ・スターシップ上陸』は2006年の10月に全米で発売された。そのアルバムは多くの人から気に入られた。ゲイブは、ギターにライランド・ブラッキントン、ベースにアレックス・スアレス、キーターにヴィクトリア・アッシャー、そしてドラムスにネイト・ノヴァロを迎え、バンドを結成した。彼らはツアーを行い、身内びいきも手伝ってフォール・アウト・ボーイのツアーのオープニング・アクトを獲得するなどして、人気を拡大していった。2007年10月には、コブラ・スターシップはセカンド・アルバム『コブラ万歳!』をリリース。最新作『ホット・メス』は3作目。

関連アーティスト