このブラウザはサポートされていません。

Klaus Badelt

Klaus Badelt

ドイツ生まれの作曲家・映画音楽家。映画やCMの音楽制作により、本国で成功、1998年に同郷のハンス・ジマーに誘われ、英米のテレビ音楽などに関わるようになる。2003年、ジマーとともに手掛けた『パイレーツ・オブ・カリビアン』のテーマ・ソングを契機に、ハリウッド映画界でも活躍するようになり、『キャットウーマン』(04年)、『ポセイドン』(06年)、『マイアミ・バイス』(06年)など、話題作にも関与している。

関連アーティスト