このブラウザはサポートされていません。

東海林太郎

東海林太郎

1898年10月4日生まれ。秋田市出身。1972年10月4日死去。大学卒業後一端は満鉄に入社。退社後、歌手としての第2の人生が始まる。33年、音楽コンクールに入賞、プロへのスタートをきる。翌34年「赤城の子守唄」「国境の街」が大ヒットし、流行歌手の座を不動のものにした。晩年、歌謡界初の紫綬褒章、レコード大賞特別賞など数々の栄誉を受けている。

関連アーティスト