このブラウザはサポートされていません。

菊地雅章

菊地雅章

1939年、東京都生まれのピアニスト/作曲家。6歳でピアノを始め、18歳よりプロとして活動開始。美空ひばり、渡辺貞夫、日野皓正をはじめ、海外勢ではライオネル・ハンプトンやソニー・ロリンズらと共演。60年代初頭に秋吉敏子やチャーリー・マリアーノと録音したアルバムでデビューを果たす。70年代よりゲイリー・ピーコック、ギル・エヴァンス、エルヴィン・ジョーンズらと共演し、自身のグループのリーダーとしても活躍。73年より渡米し、精力的に作品を発表。以降、シンセサイザー音楽や映像用の作品を制作するほか、独自のジャズ音楽の深化に尽力。“プーさん”の愛称で親しまれるも、2015年7月7日にニューヨークで死去。75歳没。

関連アーティスト