このブラウザはサポートされていません。

つなき&みどり

つなき&みどり

1972年にブルー・コメッツのギター&ヴォーカルとして活躍していた三原綱木と、アイドル歌手として活躍していた田代みどりが結婚して組んだ夫婦デュオ。翌73年にファースト・アルバム『愛の晩歌~つなき&みどりファースト・アルバム』でデビューし、シングルとしてもリリースされた表題曲「愛の晩歌」が大ヒットを記録するが、夫婦の離婚に伴い解散。同アルバムは70年代を代表する名盤として愛され続けている。

関連アーティスト