このブラウザはサポートされていません。

Alexandra Burke

Alexandra Burke

アレクサンドラ・バーク(1988年8月24日)。UK出身の21歳。レオナ・ルイスを輩出したUKの大人気TV番組「Xファクター2008」の優勝者。母親は元Soul ll Soulのメンバー。
2005年の「Xファクター」の第2シーズンにも出演していたが、最終選考に選ばれずに番組を去っている。しかし、シンガーになるという夢を諦めきれなかったアレクサンドラは、3年後の2008年に再度オーディションに挑む。
8週目には“マイ・スーパースター”と慕う憧れの歌姫、ビヨンセと「リッスン」のデュエットを実現。感動で涙が止まらない中、ビヨンセと手を繋ぎながら見事なパフォーマンスを披露したアレクサンドラは、会場中のスタンディング・オーベーションをうける。その際ビヨンセからは“あなたはスーパースターだわ。本当に美しい声を持っていて、こうしてデュエットできたことがとても光栄だわ”と称賛されている。
そして迎えたグランド・ファイナル。課題であったレナード・コーエンの「ハレルヤ」を歌い、見事優勝を手に入れた
デビュー・シングルとなった優勝決定曲「ハレルヤ」は、発売するやいなや、前年のレオナ・ルイスの記録を大きく上回る24時間で10万枚以上ものセールスを叩き出し、全英シングル・チャート1位を獲得。その後、2009年1月には総セールスが100万枚を突破し、イギリスのソロ女性アーティストとしては初の快挙を達成した。また、BBCラジオで2008年最も売れたシングル1位とUK年間シングル・チャート1位の栄光にも輝いている。
ファースト・シングルはフィーチャリングにフロー・ライダーを迎えた「バッド・ボーイズ」、初週で18万枚を売り上げ、2009年のUK最速セールス記録を樹立し、1位を獲得。何もかも異例尽くしで期待溢れる中、2009年10月19日イギリスでデビュー・アルバム『オーバーカム』を発売。大きなプレッシャーをものともせず、初登場1位を獲得し、アルバム&シングルのダブル1位を達成している。2010年1月には、イギリスのみのデビューにかかわらず、日本を含む全世界MTV PUSHに大決定し、2月に満を持してヨーロッパでもデビューを迎えた。
サイモン・コーエルが指揮をとったハイチ支援シングル「エヴリバディ・ハーツ」にレオナ・ルイス、スーザン・ボイルらとともに参加、こちらも全英1位を獲得している。

関連アーティスト