このブラウザはサポートされていません。

加門 亮

加門 亮

1958年10月13日生まれ、千葉県出身の演歌歌手。本名は梁瀬茂(やなせ・しげる)。石原裕次郎のモダン歌謡に憧れ、高校卒業後に料理店で板前修行を続けながら歌のレッスンに通う。自主制作のシングル3枚がきっかけとなり、88年にシングル「海峡物語」でメジャー・デビューし、横浜音楽祭優秀新人賞を受賞。95年の「男のグラス」がヒットし、同年にNHK『紅白歌合戦』初出場を果たす。その後も「霧情のブルース」「麗子」が日本有線大賞最多リクエスト曲賞を受賞するなど、コンスタントにヒットを放つ。入院療養中だったが、2020年3月30日に死去。62歳没。

関連アーティスト