このブラウザはサポートされていません。

毎週水曜は全品最大20%コインバック
クミコ

クミコ

1978年「世界歌謡祭」に日本代表の一人として参加。
1982年シャンソニエの老舗・銀座「銀巴里」でプロ活動をスタート。
2002年「わが麗しき恋物語」が、“聴くものすべてが涙する歌”としてヒットし一躍脚光を浴びる。
2010年「INORI~祈り~」がヒットとなり、第61回NHK紅白歌合戦に初出場を果たす。
2011年3月11日、コンサートで石巻に訪れた際、東日本大震災に遭遇。
震災後、「きっとツナガル募金」(http://kitto-tsunagaru.com)を立ち上げて、石巻支援活動を継続。
ラジオ石巻にて「きっとツナガル ラジオ」もスタートさせる。
2013年、所属レコード会社をエイベックスから日本コロムビアに移籍。
シャンソンに加え歌謡曲へもアプローチし、移籍第一弾シングル「サヨナラをあげる」をリリース。
2014年2月19日には移籍第二弾シングル「指も髪も唇も」をリリース。
3月には東宝音楽劇「ピトレスク」に出演。
6月4日にはコロムビアの門外不出の昭和の名曲をカヴァーしたニューアルバム「美しい時代のうた~クミコ コロムビア カヴァーズ~」
をリリースするなど各方面で精力的な活動を続ける。

関連アーティスト