このブラウザはサポートされていません。

ダニー飯田とパラダイスキング

ダニー飯田とパラダイスキング

1956年にグループを結成、 “パラキン”の愛称で親しまれた。60年代前半に日本の音楽シーンを席巻した、アメリカン・ポップスなどの訳詞カヴァー・ムーヴメントの中心的存在であった。「悲しき六十歳」「ステキなタイミング」「シェリー」「ミスターベースマン」などがヒット。60年代になると坂本九(63年脱退)や九重佑三子(65年脱退)をヴォーカルに起用してスターに育てあげた。 1999年7月5日死去。享年65歳。

関連アーティスト