このブラウザはサポートされていません。

サラ・ヴォーン

サラ・ヴォーン

1924年3月米国ニュージャージー州ニューアーク生まれ。アポロ劇場でのアマチュア・コンサートで優勝し、43年にアール・ハインズ楽団の専属歌手&ピアニストとしてデビュー。ビ・バップ黎明期の40年代半ばにビリー・エクスタインとの共演を経て、歌手として独立。幅広い音域と豊かな声量、抜群のテクニックで最高のジャズ歌手のひとりと認知され、晩年までその評価を維持し続けた。90年4月30日ロサンゼルスにて死去。

関連アーティスト