このブラウザはサポートされていません。

カサンドラ・ウィルソン

カサンドラ・ウィルソン

1955年12月4日、米ミシシッピ州ジャクソン生まれの女性ジャズ・シンガー。75年にプロ・デビューを果たし、82年にはニューヨークへ移る。80年代はおもにスティーヴ・コールマンらM-BASE派と共演。デビュー作は85年の『ポイント・オブ・ヴュー』。93年にブルーノート・レーベルに移籍して以降、フォーク~ブルース的な色彩も加味したジャズの枠にとらわれない世界を開拓。95年発表の『ニュー・ムーン・ドーター』でグラミー最優秀ヴォーカル賞、2008年発表の『ラヴァリー~恋人のように~』でベスト・ジャズ・ヴォーカル・アルバムを受賞。

関連アーティスト