このブラウザはサポートされていません。

Bertie Higgins

Bertie Higgins

1944年12月8日生まれ、米・フロリダ州ターポンスプリングス出身のシンガー・ソングライター。本名はアルバート・ジョセフ・ヒギンズ。大学でジャーナリズムと美術を学び、60年代よりバンド活動を開始。いくつかのバンド参加を経て、アトランタへ移り、81年にソロ・デビュー。甘い歌声とソフトな旋律のポップスによるAORシンガー・ソングライターとして注目され、「キー・ラーゴ」が全米10位を記録。82年にヒットした「カサブランカ」は、日本では郷ひろみが「哀愁のカサブランカ」の名でカヴァーされ、環太平洋諸国で広く親しまれるほどに。2000年代以降もコンスタントにアルバムを発表。また、映画製作などにも関与している。

関連アーティスト