このブラウザはサポートされていません。

Dirty Dozen Brass Band

Dirty Dozen Brass Band

1977年米国ニューオーリンズで結成されたブラス・バンド。ジャズにファンクやニューオーリンズR&Bの要素を大胆にミックスし、注目を浴びる。84年ジャズ・レーベルのコンコードから『My Feet Can't Fail Me Now』でデビュー、89年のメジャー・デビュー作『Voodoo』ではドクター・ジョン、ブランフォード・マルサリス等と共演。その個性的なサウンド・スタイルで、エルヴィス・コステロ、ブラック・クロウズをはじめ客演も数多い。

関連アーティスト