このブラウザはサポートされていません。

Irmgard Seefried

Irmgard Seefried

1919年10月9日、ドイツのケンゲトリート生まれのソプラノ歌手。88年11月24日、ウィーンにて没。アウグスブルク音楽院で学んだのち、当時カラヤンが音楽監督を務めていたアーヘン歌劇場でデビューを飾る。43年からウィーン国立歌劇場に所属し、シュワルツコップ、ギューデンと並び「ウィーンの三名花」と謳われた。モーツァルトやR.シュトラウスの作品を得意とし、ザルツブルク、スカラ座、メトロポリタンなどの歌劇場を中心に、オペラ歌手として世界的に活躍した。一方、ドイツ・リートや現代歌曲の歌手としても知られ、また、名ヴァイオリニストのシュナイダーハンとのおしどり夫婦ぶりも有名であった。

関連アーティスト