このブラウザはサポートされていません。

兵庫芸術文化センター管弦楽団

兵庫芸術文化センター管弦楽団

阪神・淡路大震災の復興のシンボルとして2005年10月にオープンした兵庫県立芸術文化センター専属のオーケストラ。世界各地のオーディションで選出された主に35歳以下の若手演奏家を中心に構成され、アカデミーとしての要素も持つ。芸術監督を佐渡裕、コンサートマスターを四方恭子、豊嶋泰嗣が務めるほか、国内外の一流指揮者、ソリスト、コーチ陣を招聘して定期演奏会や特別公演、室内楽演奏会、アウトリーチ活動、プロデュース・オペラへの出演など多彩な活動を展開している。

関連アーティスト