このブラウザはサポートされていません。

Cleveland Eaton

Cleveland Eaton

1939年8月31日生まれ、米・アラバマ州フェアフィールド出身のジャズ・ベーシスト/ミュージシャン。本名はクリーヴランド・ジョセフ・イートン2世。5歳から音楽を学び、15歳でピアノ、トランペット、サックスをマスター。その後、ベースを習得し、テネシーA&I州立大学のジャズ・グループで演奏。シカゴへ移り、プロ活動を開始。アイク・コール、ラリー・ノヴァクらとの共演を経て、60年代半ばよりラムゼイ・ルイス・トリオで活躍。70年代にはリーダー・グループのクリーヴ・イートン&Co.を結成。80年以降はカウント・ベイシーのベーシストとしても知られる。2020年7月5日にアラバマ州バーミンガムにて死去。80歳没。

関連アーティスト