このブラウザはサポートされていません。

IO

IO

東京都出身。KANDYTOWN / BCDMGに所属するラッパーであり、クリエイター・チーム、TAXi FILMSでも活動する映像クリエイター。

2014年11月にKANDYTOWNとして『KOLD TAPE』を発表。

同年末にはUNITED ARROWS企画のサイファー「NiCE UA 37.5: “Break Beats is Traditional”」にMURO、ANARCHY、KOHH等と共にKANDYTOWNのメンバーであるYOUNG JUJU、DONY JOINTと揃って参加したことで大きな注目を集め、デビュー前にも関わらずOLLIE誌のカバーを飾った他、EYESCREAMやWOOFINといったファッション/ストリート誌で注目のアーティストとしてピックアップ。



2015年1月にKANDYTOWNの初アルバム『BLAKK MOTEL』、9月に『Kruise』をリリース。

12月にはIO、YOUNG JUJU、DONY JOINTの連名でCARHARTTとコラボによるEP『Nothing NewEP』をリリース。



2016年2月14日、ソロ・デビュー・アルバム『Soul Long』をリリース。

全国クラブ・ツアーを始め、NIKE企画の「AIR MAX DAY」や「さんピンCAMP20」、「TAICO CLUB」、「SPACE SHOWER Twilight Shower Vol.2」(IO、YOUNG JUJU、DONY JOINT名義)等、さまざまなジャンルのイベントに出演。

同年11月にKANDYTOWNとしてワーナー・ミュージック・ジャパンよりメジャー・デビュー・アルバム『KANDYTOWN』をリリースし、東京/大阪/名古屋/広島/福岡の5大都市でのワンマンライブ・ツアー「KANDYTOWN 5CITY TOURPOWERED BY CARHARTT WIP」を開催。



2017年4月19日、ソロとしてのセカンド・アルバム『Mood Blue』をリリース。

その直前にはApple MusicのキャンペーンにSuchmos、ぼくのりりっくぼうよみ、iriと並んでフィーチャー。同作のアートワークを担当した上岡拓也氏とのコラボによるアートワーク・エキシビションを原宿のギャラリー、SO1にて開催。

同作を記念したカプセル・コレクションのポップアップ・ストアをOPENING CEREMONY OMOTESANDOとPULPにてオープン。

Libertin DUNE誌にてDIORHOMMEの最新コレクションのモデルを担当。

ラッパー以外にもアート・ディレクター、ヴィジュアル・クリエイターなど表現者として多彩な顔を持つ今、東京で最も注目を集めているアーティストのひとり。

  • 人気順
  • 新着順
  • 50音順

関連アーティスト