このブラウザはサポートされていません。

イリアーヌ

イリアーヌ

ブラジル・サンパウロ生まれ。7歳でピアノを習い始める。


15歳の頃には、すでにブラジル有数の音楽学校の1つでピアノとインプロヴィゼーションを教えていた。


17歳の時、ブラジルでパフォーマンスを開始する。その後パリへ渡る。

ジャズ・ベーシスト、エディ・ゴメスと知り合いその勧めで1981年、NYへ移住。


82年、ステップス・アヘッドのメンバーになり注目される。


84年、前夫ランディ・ブレッカーとの共作「アマンダ」リリース。その後、ソロ活動を始める。


88年、JAZZIZ誌の批評家投票で最優秀新人に選ばれる。


89年、サムシンエルス・レーベルから「風はジョビンのように」発売。話題になる。続けて「私の中の風と海と空」「サンパウロの女」などボサノバをテーマにした作品を発表し、ベストセラーを記録する。(いずれもsomethin’elseレーベル)


95年、ハービー・ハンコックとのデュオ・アルバム「枯葉」(BlueNote) がグラミー賞「最優秀ジャズ・ソロ・パフォーマンス賞」にノミネートされる。


97年、ダウンビート誌批評家投票で、「スリー・アメリカズ」(BlueNote) が最優秀ジャズ・アルバムにノミネート。


98年、「海風とジョビンの午後」(somethin’else)が大ヒット。収録曲の<コンチネンタル>はサントリーホワイトのTVCFソングにも使われた。JAZZIZ誌批評家投票で最優秀ブラジアン・アルバム賞を受賞。


02年、「夢そよぐ風」(BMG)がスイングジャーナル誌ジャズディスク大賞、最優秀ヴォーカル賞受賞。


07年10月、サムシンエルス復帰作「サムシング・フォー・ビル・エヴァンス」リリース。

関連アーティスト