このブラウザはサポートされていません。

Gianandrea Gavazzeni

Gianandrea Gavazzeni

1909年7月25日、イタリアのベルガモ生まれの指揮者。1996年2月5日、生地ベルガモにて没。ローマでサンタ・チェチーリア国立アカデミーでピアノを、ミラノ音楽院でピツェッティに作曲を学び、当初は作曲家として活動を始める。歌劇『パオロとヴィルジニア』を初めとする作品を書いたが、40年から指揮者としての活動をはじめ、49年には作曲の筆を折り、指揮者としての活動が本格化した。65年からミラノ・スカラ座の芸術監督を務め、メトロポリタン歌劇場やボリショイ劇場にも多数出演した。イタリア・オペラの代表的な指揮者で、ベッリーニ、ドニゼッティなどの演奏を得意とした。また、58年にはスカラ座でピツェッティの「大聖堂の殺人」を初演したことでも知られている。

関連アーティスト