このブラウザはサポートされていません。

Lars Vogt

Lars Vogt

1970年、ドイツのデューレン生まれ。90年のリーズ国際ピアノ・コンクールで第2位を受賞するが、審査員のサイモン・ラトルが彼の第1位を主張したこともあって話題を呼ぶ。以後、欧米やアジア各地で、主要オーケストラとの共演ほか、ソロや室内楽の活動を展開。2003/2004年のシーズンには、ベルリン・フィル初の“ピアニスト・イン・レジデンス”に任命された。時代考証を踏まえた新鮮な解釈と確かな技術で高い評価を得ている。

関連アーティスト