このブラウザはサポートされていません。

Renata Scotto

Renata Scotto

1934年2月24日生まれ、伊・サヴォナ出身のソプラノ歌手。14歳で声楽を始め、16歳でミラノに移り勉強を続けた。52年に18歳でヴェルディ「椿姫」のヴィオレッタを歌いオペラ・デビュー。翌年にはスカラ座のオーディションを受け、カタラーニ「ラ・ワリー」のウォルター役を得る。のちに声の不調を体験するが、アルフレート・クラウスの助言により克服。57年にはマリア・カラスの代役としてベッリーニ「夢遊病の女」のアミーナを歌い、名を広める。65年にプッチーニ「蝶々婦人」のタイトルロールでメトロポリタン歌劇場にデビューし、87年まで出演。2002年に舞台から引退し、後進の育成にあたっている。

関連アーティスト