このブラウザはサポートされていません。

ASHLEY SCARED THE SKY

ASHLEY SCARED THE SKY

ASHLEY SCARED THE SKYはアメリカ系ハーフのJulian(Gt&Vo)を中心に、Kentaro(Vo)、Nori(Dr)、Moo(Ba)からなる4人組スクリーモ/メタルコア・バンドだ。 結成は2010年。翌年7月にgarimpeiro recordsより「The Prayer EP」でデビューを果たし、本格的な活動を開始した。

強靭なシャウトとキャッチーなメロディ、エッジのきいたギターリフ、高揚感をもたらすシンセ・サウンドをバランスよくミックスした最先端のロック・サウンドを展開するASHLEY SCARED THE SKYは、デビュー当初よりそのポテンシャルから高い注目を浴び、CROSSFAITH、Pay money To my Painら日本のシーンを牽引するバンドとの共演の他、SCREAM OUT FESTや激ロックTOURへの出演を通じて、A Skylit Drive(USA)、We Came As Romans(USA)、Dream on, Dreamer(AUS)、Manafest(CAN)、Jamie's Elswhere(USA)、His Statue Falls(GER)、Eskimo Callboy(GER)、Motionless In White(USA)ら名立たる海外アーティストの来日公演をサポートしてきた。Before There Fyes(USA)のヴォーカルNick Mooreが彼らのサウンドを絶賛するなど、日本のみならず海外からも高い評価を受けている。
2012年、RED BULL主催のバンド・コンテスト“Live On The Road”のファイナリストにまで登りつめ、SHIBUYA AXにて2000人を超えるオーディエンスを前にONE OK ROCKやSTORY OF THE YEAR(USA)と共演を果たした。
2013年5月にシングル「The Revival」をリリース。同じく5月には、東南アジア最大のストリート系アパレル・ブランドCrooz Clothingが主催するインドネシアのロック・フェス“Jack Cloth Summer Fest 2013”に出演し、10,000人の地元ファンを熱狂させた。

2013年7月、ユニバーサル・ミュージックへの移籍を発表。

激しくも躍動感溢れるライヴ・パフォーマンスにも定評があり、彼らのライヴでは定番となっている、楽曲のブレイクダウンでオーディエンスが一斉に腕立て伏せをする光景は、まさに圧巻だ。
上昇気流に乗るジャパニーズ・ラウドロック・シーンに更なる旋風を巻き起こす、最注目のバンドである。

  • 人気順
  • 新着順
  • 50音順

関連アーティスト