このブラウザはサポートされていません。

緒方悠

緒方悠

7歳の時に癌におかされ、17歳まで病院と自宅の生活を余儀なくされる。

ほぼ10年で癌は克服。しかしその後、医者も治療法が見つけられない原因不明の病気にかかる。



食事を取っても栄養が吸収されず、

身体の毒素も排出されず、

体重は身体の半分ほどにみるみる減り続け、

死を待つだけの人のようになっていった。



完治の見込みのない絶望的な状態の中で、彼を救ったのは「感謝の気持ち」である。自分の境遇を恨み、憎み続けていたにもかかわらず、両親や友人たちはひたすら彼の完治を信じ祈り続けていた。生きている限り、生きていることそのものを感謝するかのように。そのすべてを知ったとき、ほんとうに感謝の日々を過ごせるようになったとき、病魔そのものが逃げ出すかのように病状が良くなっていった。

そのときの主治医の言葉。「これは奇跡です」。

完治したのである。

日々感謝して生きていくことが出来れば、世界は奇跡に満ちていることを知ることが出来る。音楽は日々の感謝から生まれた贈り物。すべてのひとにとっての。その感謝の気持ちを、日々、ピアノで綴っている。

関連アーティスト