このブラウザはサポートされていません。

シュロモ・ミンツ

シュロモ・ミンツ

1957年10月10日、モスクワ生まれのヴァイオリニスト。間もなくイスラエルに移住、テルアヴィヴ音楽院でヴァイオリンを学ぶ。スターンに認められて渡米し、ジュリアード音楽院でドロシー・ディレイに師事する。73年、スタインバーグ指揮のピッツバーグ響とブルッフのヴァイオリン協奏曲第1番を演奏してカーネギー・ホールにデビューした時は、まだ16歳だった。その後、ヨーロッパにも進出し、81年にはベルリン・フィルの定期演奏会に登場するなど、本格的な演奏活動やレコーディングが始まった。指揮者のアバドとはメンデルスゾーン、ブルッフ、プロコフィエフ、ブラームスなどの協奏曲のレコーディングで共演しており、その美しい音と瑞々しい演奏で絶賛された。

  • 人気順
  • 新着順
  • 50音順

関連アーティスト