このブラウザはサポートされていません。

Amalia Rodrigues

Amalia Rodrigues

1920年生まれ。ポルトガルを代表する音楽、ファドを世界に知らしめた最大の功績者。細やかな節回しと、ゆったりと揺れる大きな抑揚を持つファドを、メリスマと呼ばれる小節を多用しつつ伸びやかに歌い上げ、ポルトガル以外でも高い評価と人気を獲得。50年代以降は数多くの録音を残しているが、なかでも55年にリスボンのクラブでライヴ録音された『カフェ・ルーゾのアマリア・ロドリゲス』は名盤中の名盤といわれている。99年10月に死去。

関連アーティスト