このブラウザはサポートされていません。

宮本浩次

宮本浩次

中学2年でギターを始め、高校の頃から作曲を始める。 大学在学中、レコード会社に送ったデモテープが目にとまり、デビュー前に渡辺美里のアルバムに3曲楽曲提供。 1996年1月Epic Recordsからシングル「タイトでキュートなヒップがシュールなジョークとムードでテレフォンナンバー」という当時最も長い邦楽タイトル曲で衝撃的デビュー。 全国FM各局にてパワープレイ、ヘヴィーローテーション曲に選ばれ話題となる。 独特のボキャブラリーとメロディセンスに加え、歌唱力の高さが 根強い支持を得ている。

関連アーティスト