このブラウザはサポートされていません。

Nicola Rescigno

Nicola Rescigno

1916年、ニューヨーク生まれの指揮者。父はメトロポリタン歌劇場のトランペット奏者だった。ローマで法律を学んだ後、43年、ニューヨーク音楽アカデミーで指揮デビューする。54年、キャロル・フォックス、ローレンス・ケリーとともにシカゴ・リリック・オペラを創設し、芸術監督・指揮者を務める。この間マリア・カラスのアメリカ・デビューのステージを指揮し、数多くの名演を残した。57年にはダラス・シヴィック・オペラの創設に加わり、19年間に渡って芸術監督・指揮者を務めた。サザーランド、ドミンゴなどのアメリカ・デビューを指揮したほか、ヘンデルのオペラ『アルチーナ』『ジューリオ・チェーザレ』を手がけるなど、広汎に活躍している。90年にはローマのカラカラ浴場跡で『アイーダ』を指揮して注目を集めた。

  • 人気順
  • 新着順
  • 50音順

関連アーティスト