このブラウザはサポートされていません。

Marcello Viotti

Marcello Viotti

1954年6月29日、スイス生まれのイタリア人指揮者。2005年2月16日、ミュンヘンでのリハーサル中に急逝(死因は脳の発作とか)。ローザンヌ音楽院でピアノ、声楽、チェロを学ぶ。82年、イタリアのジーノ・マリヌッツィ指揮コンクールで第1位を獲得。トリノを皮切りに、ルツェルン、ブレーメン、ライプツィヒなどの首席指揮者を歴任。98年、ミュンヘン放送管の首席指揮者となる。2000年には『蝶々夫人』でメトロポリタン・デビューを果たし、02年からはヴェネツィアのフェニーチェ歌劇場音楽監督に就任した。03年にはウィーンで『ドン・カルロ』『ルチア』『仮面舞踏会』、ニューヨークで『ボエーム』『椿姫』、チューリッヒで『シモン・ボッカネグラ』などのオペラを指揮して、世界中で引っ張りだこの売れっ子指揮者の一人であり、将来を嘱望されていただけに、その早すぎる死が惜しまれる。

関連アーティスト