このブラウザはサポートされていません。

Marcel Couraud

Marcel Couraud

1912年10月20日、フランスのリモージュ生まれの指揮者。パリ・エコル・ノルマルでオルガンと和声を学び、1939年までナディア・ブーランジェに作曲を師事する。シャルル・ミュンシュの元で指揮法の研鑚を積んだ後、1945年に指揮デビューした。同年、マルセル・クーロー声楽アンサンブルを創設し、1954年の解散まで録音活動をした。その後、オラトリオを中心とする声楽曲を中心に演奏活動を展開し、1967年にはフランス国立放送合唱団の芸術監督に就任。古典的な作品はもとより、この合唱団員のために作曲されたクセナキスの「夜」を初演するなど、現代音楽にも評価が高い。

関連アーティスト