このブラウザはサポートされていません。

Rachid Taha

Rachid Taha

1958年9月18日生まれ、アルジェリア・オラン出身のシンガー・ソングライター。10歳で仏へ移住。80年代初頭からパリを拠点に音楽活動を始め、“カルト・ド・セジュール”を結成。89年のバンド解散後、91年にアルバム『バルベス』でソロ・デビュー。エキゾチックなアラブ音楽とロックを融合した唯一無二のサウンドで注目され、日本でも高評価を獲得。98年にはパリでハレド、フォーデルとともにライ(アラブ遊牧民歌謡を由来としたポップス)・コンサート〈1、2、3ソレイル〉を実現。2000年末より世界ツアーを開催するなど、アラブ音楽の枠を越えて人気を博す。2018年9月12日に心臓麻痺で死去。59歳没。

関連アーティスト