このブラウザはサポートされていません。

Artur Schnabel

Artur Schnabel

1882年4月17日、オーストリアのリプニーク生まれのピアニスト。1951年8月15日、スイスのモルシャハにて没。ウィーンの名教師レシェテツキに学ぶ。1900年にベルリンに移り、05年にはアルト歌手のテレーゼ・ベールと結婚する。彼は20世紀前半を代表するベートーヴェンの演奏家として知られ、24年にピアノ・ソナタ全曲とディアベリ変奏曲の楽譜の校訂を行い、27年にはベートーヴェンの没後100年を記念して、7夜に渡るソナタの全曲演奏会を開いた。また、シューベルト、ブラームスの解釈者としても定評があった。彼は、演奏を固定化してしまうレコード録音を拒否していたが、32年、ようやく本格的な録音を開始し、ベートーヴェンのピアノ・ソナタ全曲と、ピアノ協奏曲5曲を史上初めてレコーディングした。35~38年にはディアベリ、エロイカ変奏曲やバガテルなどの主なピアノ作品も録音するという偉業を成し遂げた。その後、ナチスの台頭でベルリンを離れ、39年にアメリカに渡り、44年には市民権を得た。シカゴのミシガン大学で教鞭をとる傍ら、演奏活動も活発に行った。

関連アーティスト