このブラウザはサポートされていません。

Marcus D

Marcus D

8歳からピアノの英才教育を受けていたMarcus Dが、Hip Hopシーンへと足を踏み入れるきっかけとなったのが、13歳の時に兄から譲り受けた1本のミックステープ。そこに納められていた90's Hip Hopのレジェンド達のビート&ライムに多大なる影響を受け、地元シアトルのヒップホップ・シーンでDJ/トラックメイカーとしての活動を開始した彼は、そのメロディアスで東洋的な響きをもったサウンドを武器にメキメキ頭角を現し、Eminemのサイド・プロジェクトとして有名なD12の楽曲でもフューチャーされているRoyce Da 5'9"やTermanology、Substantial、Planet Asia等、数多くのアーティストをプロデュース。シアトルのHip Hopシーンで、その名を知らない者はいないと言われるまでに成長を遂げていった。

関連アーティスト