このブラウザはサポートされていません。

ハナ肇とクレイジー・キャッツ

ハナ肇とクレイジー・キャッツ

1950年代初頭のジャズ・コンサート・ブームの下、フランキー堺とシティースリッカーズにいたメンバーを中心に集め、55年4月にハナ肇がキューバンキャッツを結成。その後クレージーキャッツと改称。黄金期のメンバーが揃ったのは1960年のこと。61年のTV番組『シャボン玉ホリデー』出演と植木等の歌う「スーダラ節」で一躍人気者に。以降、テレビ、映画、舞台と八面六臂の活躍をする。70年代以降はメンバーの個人活動が中心に。

関連アーティスト