このブラウザはサポートされていません。

バド・シャンク

バド・シャンク

1926年5月27日、米国オハイオ州生まれ。ジャズ・アルト・サックス/フルート奏者。40年代にショーティー・ロジャースに師事し、チャーリー・バーネット楽団(47~48年)やスタン・ケントン楽団(50~51年)に在籍。チャーリー・パーカーに影響を受けたフレーズと、米西海岸特有のさわやかなフィーリングで人気を博した。また、ローリンド・アルメイダと組んで50年代後半ボサ・ノヴァ黎明期から“ジャズとブラジル音楽の融合”にアプローチし、ジャズ・ボッサの発展に貢献。2009年4月2日に82歳で他界。代表作に『ザ・バド・シャンク・カルテット』(1956年)など。

関連アーティスト