このブラウザはサポートされていません。

四人囃子

四人囃子

森園勝敏(g)は高校時代に、岡井大二(ds)、中村真一(b)と共に“ザ・サンニン”を結成、その後坂下秀実(key)が加入して、“四人囃子”となる。74年に四人囃子は『一触即発』でレコード・デビュー。当時日本には珍しかった本格的プログレッシヴ・ロックを演奏するバンドとして、その緻密な構成カと卓越したテクニックは当時の音楽シーンを驚愕させた。76年に森園が脱退。90年代以降、四人囃子はしばしば再結成している。

関連アーティスト