このブラウザはサポートされていません。

The Libertines

The Libertines

ザ・リバティーンズは、2002年6月にデビュー・シングル「What A Waster」をリリースした。セカンド・シングル「Up The Bracket」は同年9月にリリースされ、全英TOP 30入、続いてデビュー・アルバム『Up The Bracket』(ザ・クラッシュのミック・ジョーンズがプロデュース)リリースされた。

「Time For Heroes」が2003年1月に発表され、8月には「Don’t Look Back Into The Sun」(バーナード・バトラーがプロデュース)がリリースされた。

2004年8月にリリースされたセカンド・アルバム『The Libertines』は全英1位を獲得、「Can’t Stand Me Now」、「What Became Of The Likely Lads」のTOP 10シングルが生まれた。

ザ・リバティーンズ:
ピート・ドハーティ (Peter Doherty) vocals/guitar
カール・バラー (Carl Barat) vocals/guitar
ジョン・ハッサール (John Hassall) bass guitar
ゲイリー・パウエル (Gary Powell) drums.

関連アーティスト