このブラウザはサポートされていません。

Boys Noize

Boys Noize

メジャーレーベル IslandからKid Alex名義で活躍していた本名 AlexanderRidhaが、2003年からBoys Noize名義でリリースをはじめ、2005年に自身のレーベル Boys Noize Recordsを設立。DJ Hellに気に入られ Gigoloからファースト・シングルをリリース。Anthony Rotherが主宰するDatapunkより2ndシングルをリリースしてクラバーの間で人気急上昇Ivan Smagghe、Trevor Jacksonや2Many DJsからのサポートをへて、そしてDJの間で話題沸騰、爆発的人気のきっかけとなったフランス・エレクトロのKitsuneから『Feel Good(TV=Off)』を2007年に発表。大沢伸一氏のリミックスにより、リリース前から話題沸騰。マッドでキラーなディスコパンクチューンに日本からも絶大な支持と知名度を獲得した。その後もPara OneやTiga、Depeche Mode、Bloc PartyそしてKitsune Mason 4に収録された日本でも人気急上昇中の歌姫 Feistなど、多くのアーティストのリミックスを手がける。すでにKitsune、Justice、Digitalismといったアーティストのアルバムやコンピなどフランス産エレクトロが出まくっている中、Boys Noizeが放つ、ドイツテクノのコアでドープなクリエィティビティーをベースに展開される独自のディスコ・エレクトロは、フランス産エレクトロとの類似性を維持しながらも、よりフロアライクな印象を残し、アルバムを出していないエレクトロ最前線のアーティスト、最後の刺客と呼ぶにふさわしい。

  • 人気順
  • 新着順
  • 50音順

関連アーティスト