このブラウザはサポートされていません。

打首獄門同好会

打首獄門同好会

東京を中心に活動するバンド。メンバーは大澤敦史(vo,g)、junko(vo,b)、河本あす香(vo,ds)の3名。2004年に結成。7弦ギターと5弦ベースの重厚なサウンドに生活感あふれるユルい歌詞を乗せた“生活密着型ラウド・ロック”を確立。2009年にはデビュー前にもかかわらずフジロック〈ROOKIE A GO-GO〉出演を果たして注目を浴びる。2010年にデビューEP『打首獄門同好会さんが猛烈に自己アピール中です。』を発表。以来、コンスタントに作品を手掛け、独自の存在感を発揮。結成15周年の2019年にミニ・アルバム『そろそろ中堅』をリリース。

関連アーティスト