このブラウザはサポートされていません。

平賀マリカ

平賀マリカ

女性ジャズ・ヴォーカリスト。アジア音楽祭にて金賞を受賞後プロ・デビュー。エリック・アレキサンダーらを迎えて制作した2006年発表のヒット作『フェイス』に続き、ボサ・ノヴァ誕生50周年を記念したアルバムや、バート・バカラックやカーペンターズの楽曲を歌ったアルバムなどを発表した。2012年にデューク・エリントン・オーケストラとの共演アルバム『シングス・ウィズ・ザ・デューク・エリントン・オーケストラ』を発表した。

関連アーティスト