このブラウザはサポートされていません。

坂本 九

坂本 九

1941.12/10~1985.8/12

本名:大島九(ひさし)

エルビス・プレスリーに憧れて歌いはじめ、ジャズ喫茶でマナセプロダクションに見出され、昭和33年ダニー飯田とパラダイスキングのメンバーに参加デビュー。 アメリカンポップス「ステキなタイミング」「悲しき六十才」等を歌って大ヒット。

お茶の間のアイドルとしてTV、ラジオ、映画、ステージに大活躍。 NHKの歌番組「夢であいましょう」で「上を向いて歩こう」(昭和36年 作曲・故中村八大/作詞・永六輔)を歌い、同曲は海外でも「スキヤキ・ソング」と題し発売され、全米ナンバーワンヒット、ゴールデンレコードを始め、日本初の世界的ミリオンセラーとなる。

その人気は現在もなお衰えず、これまでのセールスは全世界で1000万枚以上という驚異的な数に達している。

ミュージカル「見上げてごらん夜の星を」やブロードウェイミュージカル「努力しないで出世する方法」を始め、日本万国博覧会政府出展懇談会委員の若者代表として活躍。

さらに「あゆみの箱チャリティショー」を始め、STV「サンデー九」、手話の歌「そして想い出」など福祉にも力を注ぎ、広く子どもから大人まで親しまれた。

関連アーティスト