このブラウザはサポートされていません。

うたコイン有効期限前に使い切ろう
真琴つばさ

真琴つばさ

宝塚歌劇団出身のシンガー。1985年に上演された同劇団の『愛あれば命は永遠に』で初舞台を経験。月組のトップアクターとなり、二枚目男役者としてカリスマ的な人気を誇った。在団中の2001年にシングル「EDEN~黄昏はなにも言ってくれない」で歌手デビュー。舞台で鍛えた抜群の歌唱力で人気を集め、退団後、本格的に歌手活動をスタート。03年に待望のファースト・アルバム『everyone』をリリースした。

関連アーティスト