このブラウザはサポートされていません。

ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団

ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団

ポーランド・ワルシャワを本拠地とするオーケストラ。1901年に創立し、フィルハーモニー・ホールのこけら落としと同時にエミール・ムリナルスキ指揮、パデレフスキのピアノにより最初のコンサートを開催。以降、グリーグ、ラフマニノフ、ラヴェル、R.シュトラウスほか多くの一流音楽家が客演。第二次大戦中は活動停止となるも、50年にロヴィツキが音楽監督兼首席指揮者に就くと飛躍的に発展。55年に“国立オーケストラ”の称号を得る。以降“ワルシャワの秋”音楽祭や世界各地でツアー公演を開催。2002年よりアントニ・ヴィットが総監督兼芸術監督を務める。2008、2009年のグラミー受賞をはじめ、受賞歴多数。

関連アーティスト