このブラウザはサポートされていません。

Charles Earland

Charles Earland

ジャズのオルガン奏者。テナー・サックス奏者としてジミー・マグリフと共演しながら奏法を学び、1963年オルガンへ転向。ルー・ドナルドソンGで脚光を浴び、69年プレスティッジに吹き込んだリーダー作『ブラック・トーク』のヒットで、ソウル・ジャズ界の人気プレイヤーに。90年代のレア・グルーヴ・ムーヴメントで再評価された。99年に58歳で他界。

関連アーティスト