このブラウザはサポートされていません。

Robert Wyatt

Robert Wyatt

1960年代中盤の英国アート・ロックの匂いを今なお色濃く残した創作活動を延々続けている、孤高のシンガー・ソングライター。1960年代、ケヴィン・エアーズ率いるソフト・マシーンのドラマーとして活躍した後、ソロ活動に転身。その後不慮の事故で半身麻痺の状態になってしまったが、やがて創作活動に復帰、政治的に過激な思想や往年のサイケデリックな感性を彷彿とさせつつ、ひねくれたポップ感覚を発揮した作品を送り出している。

関連アーティスト