このブラウザはサポートされていません。

毎週水曜は全品最大20%コインバック
Billy Strayhorn

Billy Strayhorn

1915年11月19日米国オハイオ州デイトン生まれ。67年5月31日ニューヨークで死去。高校時代にクラシックを習っていた。ピアニストではあるが、デューク・エリントンから絶大な信頼を得て彼の右腕として活躍する。一方、作曲活動を精力的に行ない、その代表作には『A列車で行こう』『アフター・オール』といった多くのヒット曲を生む。ビリーの死を聞いたエリントンは彼の死をしのび『蓮の花』を弾き、その様子はRCAの『ビリー・ストレイホーンに捧ぐ』に収録されている。

関連アーティスト