このブラウザはサポートされていません。

Christa Ludwig

Christa Ludwig

1928年3月16日、ベルリン生まれのメゾ・ソプラノ歌手。両親ともベルリン・フォルクスオーパーの歌手。フランクフルト音楽院に学び、1946年、「こうもり」のオルロフスキー役でデビュー。1954年、ザルツブルク音楽祭で「フィガロの結婚」のケルビーノ役を歌い、一躍脚光を浴びる。翌年からウィーン国立歌劇場に迎えられ、1959年にはメト・デビューも果たす。1960年頃からドラマティック・ソプラノの役もレパートリーに加え、ドイツを代表するプリマ・ドンナの地位を確保した。1963年にはベルリン・ドイツ・オペラ公演に来日し、「フィデリオ」のレオノーレの名唱を残したが、1993年に引退を表明し、後進の育成に当たっている。

  • 人気順
  • 新着順
  • 50音順

関連アーティスト